無料ブログはココログ

« 瀬戸内国際芸術祭 女木島 | トップページ | 宇野港 宇野のチヌ »

女木島 20世紀的回想

P7310201 瀬戸内国際芸術祭 NO35作品 女木島のフェリー乗場の脇のアートです 1台のグランドピアノとその上に立つ4つの帆で構成されたインスタレーション 停泊している船のように見える作品から 時おり音楽が流れ 目の前に広がる海の波の音と交じり合いう そんなアートです

椅子に座り 鍵盤を波の音に合わせながら弾いてみましょう 帆の音 波の音 みなさんが自然の音を作り出すようです 風が弱い日は静かな音色を 風の強い日は闊達とした音色を 女木島の風と音楽を作るのは皆さんです

女木島は 冬の北風のとき 島の峰に吹き込んだ風は 海水を巻き上げ 港の集落に吹き降ろすといいます 風と対峙し 風とともに暮らす女木島の生活 女木島には 風のアートが似合います

« 瀬戸内国際芸術祭 女木島 | トップページ | 宇野港 宇野のチヌ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女木島 20世紀的回想:

« 瀬戸内国際芸術祭 女木島 | トップページ | 宇野港 宇野のチヌ »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30