無料ブログはココログ

« 梅雨の季節 | トップページ | カマキリ »

ドクダミの効力

P6120261b_2 ドクダミ(学名:Houttuynia cordata)はドクダミ科ドクダミ属の多年草 別名 ドクダメ(毒溜め) ギョセイソウ(魚腥草) ジゴクソバ(地獄蕎麦)といいます

自生地は暖地寒冷地を問わず見られ 公園や道路脇に群生していますが 針葉樹の林などの半日陰地によく見られます 写真はドクダミの花です 開花期は5月から7月ころ 茎頂4枚の白色の総苞(花びらに見える部分)のある棒状の花序に淡黄色の小花を密生させるかわいい花を咲かせます 本来の花には花弁も がくもなく 雌しべと雄しべのみからなっています また 草全体に悪臭があるので あまり好まれない草です

ただ ドクダミは 開花期の地上部を乾燥させたものは生薬名十薬または重薬(じゅうやく)とされ 十薬の煎液には利尿作用 動脈硬化の予防作用などがあるとされています 
自宅の前のヒバの林に群生するドクダミを刈り取り 雨の当たらないベランダで3週間ほど乾燥させ ハサミで細かく切り 煮出してお茶のようにして飲みましたが 摘み取ったときの臭みもなくなり 違和感も無く飲むことができました

詳細は ドクダミ をご覧ください

« 梅雨の季節 | トップページ | カマキリ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドクダミの効力:

« 梅雨の季節 | トップページ | カマキリ »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30