無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

千葉県関宿町 ひまわりの里

千葉県関宿町のひまわりの里に行ってきました。

Imgp0823   

休耕田を利用しています。


Imgp0810

もう一週間早ければ咲き始めが見られたのに

Imgp0822_3   

広島かきカレー

Imgp05661 先日、イトーヨーカドーの生活用品コーナーをぶらぶらしていたところ、全国ご当地カレーのコーナーがあり、ついつい広島かきカレーを買ってしまいました。

価格は745円。超高いのですが、宮島を訪ねた際のカキのおいしさが忘れられず買ってしまいました。

那須ハイランドパーク

Imgp0704_2 栃木県那須郡那須町にある那須ハイランドパークに行ってきました。

7月23日の月曜日、早朝は小雨模様でしたが、雨も上がり絶好の行楽日和。そして、驚きは空いていたのです。全部のアトラクションが待ち時間無し。どれも乗り放題です。

ジェットコースターも乗り放題。絶叫マシーンを何度も何度も堪能してしまいました。

他の入場者ですが、空きすぎているため、ジェットコースターを降りないで、何回も乗っている方もいらっしゃいました。

絶叫が続いて、喉が痛くなってしまいました。

その他の那須ハイランドパークの写真は 那須ハイランドパーク でご覧ください。

渡良瀬遊水地

Imgp0782 明治18年、23年、29年の洪水で、渡良瀬川下流部は、足尾銅毒が洪水によって流出し、甚大な被害を生じたといいます。これに対処するため、谷中村を廃村しての遊水地化するなどの事業によって、現在の渡良瀬遊水地があります。

渡良瀬遊水地は、茨城県古河市の北西に位置し、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県の4県の県境にまたがる 面積33km2、治水容量17,180万m3の遊水地です。

写真は、旧谷中村の横堤跡の説明看板です。

迷彩服

7月24日の産経新聞の朝刊の産経抄、16日夜から17日にかけて行なわれた首都直下型地震に向けた被害状況の確認などを想定した自衛隊の演習で、東京都内の11の区が庁舎内への自衛隊の立ち入りを拒否したと報道しています。

その理由は、「区民に迷彩服を見せたくなかった」と明かす区の担当者もいたということです。

自然災害のとき、自衛隊との連携がいかに大切か、自衛隊の援助がいかに大切か、東日本大震災によって思い知らされたと思います。

庁舎に出入りを拒否した東京都の11区の区名を明らかにするべきと思います。

自衛隊を軽視する発言、そして行動は許されません。

夜霧

北関東は、夜露の細かい雨粒が霧の雨粒に変わりました。庭に出るとミストのような細かい雨粒が降り注いでいます。

カエルの鳴き声の終わった北関東 静かに 細かい雨粒が風に舞っています。

BRAVE HEARTS 海猿

『BRAVE HEARTS 海猿』を見てきました

海上保安庁の中でも精鋭と言われる特殊救難隊に配属された仙崎と吉岡を中心にジャンボジェット機海上着水による救助を実施するストーリー

感動した時間でした

内容は、公式サイト 海猿 でご覧ください。

つがの里

Imgp0645 栃木県栃木市都賀町のつがの里に行ってきました。

つがの里は、東北自動車道栃木ICから約10分、東北自動車道下り線のすぐ右側にあります。高速道路からも見える公園です。

この時期は、ハスとスイレンの花が綺麗に咲いています。春には、園内全体が桜の花に染まるといいます。

その他のお花の写真は 私のメインHPで ご覧いただけます つがの里 でご覧ください

南会津 大内宿

Imgp0615 南会津にある宿場町 大内宿を訪ねました。

大内宿は、江戸時代に会津若松と日光を結ぶ会津西街道の宿場町です。また、平清盛の全盛期に反平氏の挙兵をした高倉以仁王(後鳥羽上皇第二皇子)が、戦いに敗れこの村に潜行したと伝えられています。

その他の大内宿の写真は 大内宿 でご覧ください。

毎日が被爆中

自宅のポストに入っていたお知らせです。

放射能の除染のための専門業者が放射能レベルを測定したところ、駐車場のマンホール上で1.4から1.45マイクロシーベルトです。また、敷地の平均値は0.3から0.35マイクロシーベルトです。ご参考まで・・・。

これって、すごい数値ですよね。福島第一原発から相当距離が離れているというのに、超ホットスポットで生活しているということなのでしょうか。

初夏のトンボ 早朝

Imgp0554 梅雨明け前の早朝。自宅の無線アンテナの先端で羽を広げるトンボです。

ジョルニの付録 ビーチサンダル

Imgp0570 giorni ジョルニ 年に4回出版される 今の私に似合う 暮らしとふだん着の本ですが、21012サマーの付録は、リサ・ラーソンさんの外でもおうちでも! ビーチサンダルです。

本の内容もさることながら、付録につられて買ってしまいました。

ちょつと気になるザグザグ

ちょっと気になるザグザグ がイオンと業務・資本提携しましたね。

ザグザグは岡山市に本社を置き岡山、香川などに94店のドラッグストアを展開しているといいますが、これで、ザクザクで、イオンのプライベートブランド 「トップバリュ」 など、食品の品揃えが増えますね。

便利になったものです。

赤い星

あかぼしという別名を持つ星がいくつかあります。

「明星」をあかぼしと読めば金星や木星など特に明るい惑星をさし、また、赤星ならば、「さそり座」のアンタレスや「おうし座」のアルデバランのように赤みがかって見える星をさします。

木星と金星、そしてアルデバランは、この時期、明け方に東の空に集まって見ることができます。

原鉄道模型博物館

7月10日 神奈川県横浜市にある 横浜三井ビルディング2階に、世界的な鉄道模型の製作・収集家である原信太郎さんの鉄道模型コレクション 約1000両 を展示する 「原鉄道模型博物館」 がオープンした。

これがものすごいのです。 原氏が手作りした精巧な鉄道模型が、実際に走る。そして、その電車が走っていた 当時の街並が再現されている。ぜひ、見ていただきたい博物館です。

特に、すばらしいのは、普通の博物館は、鉄道模型の走行に使う電力をレールから得ています。 ですが、原氏の模型は、普通の電車のように架線から給電していること。これは、模型にパンタグラフを付け、給電する架線を引いているのです。 このような 手間のかかる形態の博物館は初めてでしょう。

私の家にも、鉄道模型があって、ゴトゴトと走らせていますが、ここまでは、できません。

遠藤太津朗氏の逝去

今日の新聞に、遠藤太津朗氏の逝去が掲載されていました。

遠藤氏は、テレビ時代劇 「銭形平次」の「万七親分」 また、昭和の時代の名優が逝去されました。

享年84歳 ご冥福をお祈りいたします。

千葉県から見る 東京・埼玉

自宅のベランダからは、東京の金町の高層ビル。埼玉県の清掃工場の煙突。そして、江戸川に架かる鉄道や国道の鉄橋が見えます。

そして、冬の澄んだ空気の時には、戸定邸越しに富士山が綺麗です。

いまの時期は、東京湾から江戸川を北上する風が、松戸市まで届き、日中から夜半にかけて爽やかな風が心地よいです。

庭でエサを探すカラス

Imgp0534 初夏に実ったライ麦を実を付けたまま庭に放置していたところ、毎朝、カラスの親子3羽が餌探しに来るようになりました。
カラスの他、スズメ、キジバトも来庭のメンバー。

松戸市のゴミ事情 2

平成24年度版 「松戸市の家庭ごみの分けた方出し方」 によると、松戸市リサイクル活動(集団・軒下回収)へ参加しましょう とあります。

内容は、松戸市では、空き缶、ガラスびん等、紙、布及びペットボトルについて、市が行なう回収とは別に地域住民(町会等)が独自に実施しているリサイクル活動があります・・・と書かれています。

町内会に入会しているのに、こんな回収のお知らせを見たこともありません。

なぜ、松戸市は、ゴミ集積所でのペットボトルの回収を行なわないのか。疑問です。なぜ、なのでしょうか。

松戸市のゴミ事情

千葉県松戸市のペットボトルの回収。 書きたくはないのですが、不思議です。

松戸市の平成24年度版 「家庭ごみの分別り仕方」 その中に、集積所に「出せないごみ」として、ペットボトルがあります。

さてペットボトルはどうするのか。それは、松戸市内にあるスーパーマーケットなどの36店舗の回収ボックスで回収するといいます。

松戸市の人口は約50万人。なぜ、遠くのスーパーマーケットまで捨てに行かなければならないのでしょうか。

なぜ、自宅のすぐ近くのゴミ集積所にペットボトルを捨てられないのか。不思議でなりません。

さまざまな地域に転勤で住んだ感想から、松戸市のゴミの分別は、不思議です。 心情的には許せません。

真珠の耳飾りの少女

Img_4 東京 上野公園 東京都美術館で開かれいる「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」




今回は、「真珠の耳飾りの少女」 「ディアナとニンフたち」 が展示されています。



Img2_2 写真は、宝島社の「フェーメル・光と影の天才画家」という雑誌の付録の手提げに描かれている少女です。

栃木県栃木市 蔵の街 巴波川

Imgp0483 ■ 栃木県栃木市 蔵の街 巴波川 蔵の街栃木市は 栃木県の南部 東に筑波山 西に大平山 北には日光連山に囲まれ 市内中央に巴波川(うずまがわ)か流れる静かなただずまいの街です

江戸時代は日光例幣使街道の宿場町として また巴波川(うずまがわ)の船運により商人の町として賑わい 見世蔵や土蔵が軒を連ね政治 経済 文化の中心として栄えた商都であり 今も商人町の姿を残しています 1617年 徳川家康の霊柩が日光山へ改葬され その後 朝廷からの勅使が日光東照宮へ毎年参向するようになり その勅使を例幣使ということから 通る道は例幣使街道と呼ばれました 栃木市はこの街道の宿場町となり 人が集まり 物が集まるようになり これが商都としての発展のきっかけになったと言われています
また さらなる発展の原動力となったのは巴波川の船運で 江戸との交易であると言われています 江戸から日光御用の荷や塩などが運ばれ 栃木からは木材や農産物などが運ばれました 船運は江戸時代の初めから利用され 次第に交易は盛んになり 江戸時代の終わり頃には栃木の商人は隆盛を極めたと言います

江戸時代の豪商が築いた巴波川の両岸の白壁土蔵 かつて繁栄を極めた豪商の歴史が残る街が栃木市です 蔵の街までは東武日光線が便利です 浅草から栃木駅までは特急で約1時間10分です

町並の写真は私のHPの 栃木県栃木市 蔵の街 巴波川 でご覧ください

カラスの餌場

自宅前は、広い空き地になっていますが、初夏に実ったライ麦を実を付けたまま切り倒しておいたところ、毎日、カラスの親子3羽が来るようになり、はたまた、スズメ、キジバトと鳥の集積地になっています。

七夕 カスミソウ 星祭り

7月7日は七夕です 五節句の一つとされ 別名 「星祭り」 と呼ばれています

さまざまな願い事を書いた短冊を笹竹に結ばれて飾られる光景は 夏の風物詩
七夕の織姫と牽牛の物語はよく知られています 二人のロマンスが 空高く流れる天の川のほとりに輝く こと座のベガとわし座のアルタイルになぞられます

最近では この天の川をカスミソウに例えて ブルー イエロー ピンクなどに染めたカスミソウや銀河のようにキラキラしたラメを付けたカスミソウがお花屋さんで売られています

カスミソウの花言葉は 「切なる願い」 「清い心」 と物語の二人と重なるような意味を持っています

カスミソウの小さなたくさん咲いている花が 天の川の銀河のようにも感じられます

災害 早めの避難 対策

報道では、九州を中心に断続的な豪雨。河川の氾濫も報道されています。

最新の気象情報に注意され、早めの避難をお願いします。

関東も、これから豪雨が予想されています。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30