無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

Imgp2284_2 梅津寺駅から徒歩5分のところにある見晴山・大丸山では 秋山兄弟像が見られます

駅を出たところに案内板が出ていますので 是非たずねてみてください

写真は弟の真之 
真之は日露戦争で東郷平八郎司令長官のもとで作戦参謀として日本海海戦を勝利 正岡子規と親交がありました

兄の好古の像は 秋山 好古 でご覧ください

一鶴の骨付鳥

骨付きの鳥のもも肉を焼いた料理 これを骨付鳥といいます 香川県丸亀市周辺には 骨付鳥をメニューとするお店がたくさんありますが 私は 創業60周年の一鶴の骨付鳥に魅了されています

20130421_181 写真のように まるごと一本の鳥のもも肉に特性のスパイスをふりかけ じっくり焼き上げた鳥の足 特に 一鶴の骨付鳥は 他店にない絶妙はお味です さすが創業60年の味です 一鶴は 骨付鳥以外にメインになる品がない 骨付鳥に特化した専門店です

私は いつも 写真のように 若鶏の骨付肉1本とビールの大 それに おにぎりを注文します 骨付鳥にはキャベツが付いています おにぎりには鳥皮のスープが付いています この内容ですと昼食には十分な量です 鳥とおにぎりで大満足の量です 骨付鳥の油でキャベツを食べる この組み合わせも絶妙です

この後 もう一本の骨付鳥にビールにすることれも定番のコースです 骨付鳥は ひなと親鳥があります ひなはやわらかく食べやすいです 親鳥は少し硬いのですが濃厚な味わいがあります これは お好みになります ぜひ 一鶴の骨付鳥をご賞味ください 骨付鳥は丸亀市の周辺に多数のお店があります ぜひ 皆様の味覚に合うお店を探すのもいいですね

中津万象園

20130421_205 中津万象園は 面積5ヘクタールの池泉回遊式大名庭園は 貞享5年(1688年)に丸亀藩主である京極高豊の命により 丸亀城の城下町に近い中津の浜に面して造られました 庭園名は森羅万象に由来するとされいます 京極氏の故郷である近江国の琵琶湖をかたどった八景池が掘られ 帆 雁 雪 雨 鐘 晴嵐 月 夕映と近江八景になぞらえ名付けられた島々が浮かび 橋で巡る事ができます

湖畔には 庭園内から海まで一望できたという中二階の茶室と母屋が設けられています 母屋南庭には枝葉の直径15メートル余りの樹齢600年と云われている 「天下の名松」 の呼称にふさわしい大傘松があります 中津万象園は森羅万象 即ち宇宙に存在するすべてのものを意味し それらを合わせ持つ名園といわれています

その他の写真は 私の別サイト 中津万象園 でご覧ください

伊予鉄道 坊ちゃん列車 伊豫鉄道甲1形蒸気機関車

Imgp2254 愛媛県松山市の梅津寺駅に隣接する旧梅津寺パーク遊園地の跡地である梅津寺公園(ばいしんじこうえん)に伊豫鉄道甲1形蒸気機関車(いよてつどうこう1がたじょうききかんしゃ)が保存展示されています 夏目漱石の小説「坊っちやん」の中で 軽便鉄道時代の伊予鉄道が「マッチ箱のような汽車」として登場しており 四国・松山の中学校に赴任する主人公の坊っちゃんがこれに乗ったことから 坊っちゃん列車と呼ばれるようになりました
明治21年から昭和29年まで 67年間 松山平野を走り続けました

その他の写真は 私の別サイトの 伊豫鉄道甲1形蒸気機関車 でご覧ください

東京ラブストーリーロケ地

Imgp2246 東京ラブストーリーは 1993年(平成3年)フジテレビ系で放送されたテレビドラマです 舞台は東京 主人公リカ(鈴木保奈美)とカンチ(織田裕二)のストレートな恋愛を繊細に描いたラブストーリーです 目印のハンカチを結んだ駅のホームに 梅津寺駅がロケ地として使われました それ以来 リカにちなんでハンカチを結ぶ人が絶えず 「恋のプラットホーム」 と呼ばれています
ドラマ放映後 「この駅の切符を持っていると素敵な出逢いに恵まれる」 という都市伝説が 赤名リカ を真似てハンカチを柵に結びつける来訪者も後を絶たなかったといいます ドラマ放映から20年以上を経た現在でも 多くのハンカチが結ばれています

その他の写真は 私の別サイトの 東京ラブストーリーロケ地 でご覧ください

恋人の聖地 伊予灘

20130519_481 松山自動車道上り線の伊予灘SA ドライブでの立ち寄りだけでなく 景色を楽しむために訪れるカップルも多いと思います 上り線のサービスエリアに設置された「ハートロック」はカップルが永遠の愛を誓い合ってかける鍵です 専用のフェンスには 願いが込められた鍵がたくさん付けられています 夕暮れ時ならロマンティック 展望スペースで愛を誓い 愛のフェンスに鍵をかける 素敵な時間です 鍵を忘れてしまっても店内で販売しています

道後平野や伊予灘を望む高台に位置し エリア内には美しい景観を一望することができる広い展望スペースがあります 天気の良い日には 昼の眺望はもとより 夕日や夜景もきれいで ロマンティックな気分に浸れるサービスエリアです 訪ねた日は 雨の午後でしたが おすすめは晴れの夕日の時間 松山市内から伊予市、瀬戸内海までが一望できます 二人で ゆっくりと散策を楽しんだり ベンチに座って街並みを眺めてみても素敵です

その他の写真は 私の別サイトの 恋人の聖地 「伊予灘」 でご覧ください

愛媛県久万高原町町営バス古味線バス停 ごうかく駅

20130519_27_3 愛媛県久万高原町町営バス古味線バス停 ごうかく駅

久万高原町営バス(くまこうげんちょうえいバス)は 愛媛県上浮穴郡久万高原町内(旧柳谷村内)を運行するバスです 路線は岩川線と古味線の2路線 ごうかく駅があるのは 古味線 です

ごうかく駅は 「ごうかく」という 縁起のよい停留所のため 毎年受験シーズンには 話題となり専用切符まで売り出されます 専用切符は2つに分れ1つは 岩川線の「旭」 - 「ごうかく」まで 2つ目は「ごうかく」 - 「大成」までの切符からなっている 意味は 「朝日(旭)が昇れば合格(ごうかく)し 立派に成し遂げる」 です

この路線は 日曜日が運休と案内されています 運行情報は変更になる場合がありますので 乗車される際は 久万高原町営バスにご確認ください 国道沿いの小さなバスの駅です

その他の写真は バス停ごうかく駅 でご覧ください

瀬戸内国際芸術祭 2013 沙弥島

20130421_130 写真は 旧沙弥島小・中学校の校舎の廊下に飾られたアートです

沙弥島は 海が埋め立てられる前は 沖に4キロの独立した島でした いまは 瀬戸大橋のたもとから陸続きになっています この歴史ある沙弥島に 神戸芸術工科大学によるアートが展示されています それは 美しい砂浜を背景に 神戸芸術大学が多彩な展開を見せる 塩田跡や海岸に設置された作品が 自然とともに新たな風景をつくっています

沙弥島は 縄文時代の遺跡が残り 柿本人麻呂の歌にも登場する島です 瀬戸大橋記念公園から一歩 島に入ると 島独特の雰囲気になるところです 今の入口には漁港があり 一気に島の雰囲気に引き込まれます

写真のアートは 島に漂着した発砲スチロールの展示物です 窓辺に張られたオレンジのフィルムが作る淡い光が独特の雰囲気を作っています 展示されている場所は旧沙弥小・中学校の廊下です 生徒が学んだ廊下は アートの世界になっています

その他の沙弥島のアートは 沙弥島 でご覧ください 

大洲城

Imgp2349 愛媛県大洲市の大洲城に行ってきました

大洲城(おおずじょう)は伊予国喜多郡大洲(現愛媛県大洲市大洲)にあります
大洲は 伊予を南北につなぐ大洲街道・宇和島街道が交差し また 東には四国山脈を抜けて土佐国(高知)に抜ける街道があります

創建は 鎌倉時代末期に守護として国入りした伊予宇都宮氏の宇都宮豊房で 1331年(元徳3年)のことであるといわれています 大洲城は 創建した当初は 肱川と久米川の合流点にあたる地蔵ヶ岳に築城したことから地蔵ヶ岳城と呼ばれていました 江戸時代初期 藤堂高虎らによって大規模に修築が行なわれ 近世城郭としての体裁を整えらています

現在の大洲城は 江戸時代から残る台所櫓・南隅櫓など4棟の櫓が国の重要文化財に指定されているほか 2004年(平成16年) 市民などの寄付によって往時を出来る限り忠実に再現した4重4階の天守が復元されています

その他の詳しい情報は 大洲城 でご覧ください  

ラーメンショップ 豚太郎

昼食ということで、豚太郎に初めて行ってみました。

なんとなんと、すごく美味しいではありませんか。チャーシューの軟らかいこと、豚肉のスライスも入っています。醤油味も最高、細めんが絶妙の硬さ。

なんといっても餃子が美味しい。焼き加減も絶妙なのです。関東の餃子の聖地の宇都宮餃子よりも美味しい。こんなうまい餃子があったとは。急に餃子が好物になってしまいました。

こんな美味しいラーメン屋があったとは、驚きです。

写真がないのが残念

値段もチャーシュー麺で600円、餃子は8個で250円 安い

豚太郎は、愛媛県などにあるラーメンショップです。

« 2012年8月 | トップページ | 2013年6月 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30