無料ブログはココログ

旅行・地域

JR四国 8600系特急車両 試乗会

Imgp4931_2JR四国で平成26年6月23日から運行が開始される8600系特急車両の展示会と試乗会が6月21日に松山駅と今治駅で開催されました
レトロフューチャーをコンセプトに、ノスタルジックな鉄道車両のイメージを「未来特急」としてデザインしています ビジネス特急としてのスマートさと、鉄道旅行の情緒・高揚感を演出する、なつかしくも新しいデザインの特急列車です
円形のブラックフェイスは、蒸気機関車のイメージをモチーフに、列車の力強さ・ダイナミズムを表現したものです。オレンジとグリーンは、「瀬戸内海の温暖な風土」と「穏やかで美しい四国の自然」、「愛媛」と「香川」をイメージして、特急のスピード感を流線(ストリームライン)でなぞらえたカラーリングです。 * ♪

その他の写真は JR四国8600系特急電車 でご覧ください。

香川県栗林公園の梅の花

P2140174栗林公園中心部にある南梅林 百花園跡 群鴨池の近くの北梅林 1月の下旬から園内は梅の甘い香りに包まれます

種類も豊富で 白色 薄青色 ピンク 赤色とさまざまな色の花があります そして 咲く時期も少しずつ違います 梅園は花の咲く時期は 梅園内への立ち入り制限が解かれ 梅の木に触れることができます まじかで梅の花を見て 香りを楽しんで また そっと花びらに触れることもできます

そして5月から6月 梅の実の収穫の季節です 真っ青な梅の実 種類によって大きさはさまざまです 梅酒 梅干に加工されます 雨に濡れる梅の実は また 風情のある風景です まだ寒い季節に咲いた花と遊び たわわな実とまた遊ぶ 素敵な時間です

その他の栗林公園の梅の花は 栗林公園の梅の花 でご覧ください

陸上自衛隊 松山駐屯地 訓練展示 2013

20131102_63 陸上自衛隊 松山駐屯地の訓練展示(一般公開)に行って来ました

松山駐屯地は 2006年(平成18年) 第14旅団への改編に伴い 第2混成団特科大隊が廃止され これを母体に第14特科隊 第14高射特科中隊 特科直接支援小隊 高射特科直接支援小隊が新編されています

74式戦車 排気量21500CC 総重量38トンの豪快な走行が印象的な一般公開でした

以前 74式戦車の機動力の説明を受けた際 地形が平坦でない場所での砲撃の精度を高めるため 油気圧サスペンション(ハイドロニューマチック)の姿勢変更機能による左右の車高を別々に上下に変化する機能 及び サスペンションを前後左右別々に作動させ 車体全体を前後に傾ける機能があるとの説明を受け 実際に作動状況を見学しました 俗に言う 踊ることの出来る戦車で 停車地の地形に即応することによって 弾頭の着弾精度が格段に向上したといいます

松山駐屯地のその他の写真は 松山駐屯地 でご覧ください

どてかぼちゃカーニバル 愛媛県東温市

20130907_82_2掲載が遅いのですが 9月7日に行なわれた 愛媛県東温市の「どてかぼちゃカーニバル」の写真です

巨大な飼育用のかぼちゃの大きさ 色つや 形などを競うコンテストです 愛媛県東温市の坊ちゃん劇場の駐車場で開催されました

東温市内外から数百点のかぼちゃが出品され なかには300キロを越えるかぼちゃがあるということです

また かぼちゃの競技会の会場のお隣はコスモスの畑があります 約100万本のコスモスの畑 風にゆれるコスモスの花は 素敵です

どてかぼちゃカーニバル コスモス畑の写真は どてかぼちゃカーニバル でご覧ください

愛媛県東温市 白猪の滝

20130608_104 愛媛県東温市河之内 松山自動車道川内ICから国道11号線・494号線を約10kmの場所に白猪の滝があります 国道脇の無料駐車場と滝から約300m手前の有料駐車場があります 無料駐車場から白猪の滝までは林道と遊歩道を使い約1300メートルです 遊歩道等はきちんと整備されており危険な場所はありません スニーカー等の簡易な履物で大丈夫です

皿ヶ嶺連峰県立自然公園の中にある高さ96メートルの白猪の滝は2段の滝です 春は山吹や藤の花 夏は新緑 秋は紅葉 そして冬は滝の水が凍りついて滝全体が幻想的な氷の彫刻のように結氷するといいます 四季それぞれに違う姿を見せる白猪の滝 冬の結氷のとき また訪ねてみたいと思います 毎年11月3日が白猪の滝まつり 錦の紅葉のころです

その他の写真は 私の別サイトの 白猪の滝 でご覧ください

愛媛県大洲市稲積 花菖蒲 (はなしょうぶ) 園

20130608_12 2013年6月8日 愛媛県大洲市稲積の山あいの棚田にある 「稲積花菖蒲(はなしょうぶ)園」 に行ってきました 棚田には 50種3万株が植えられているといい 見頃を迎えていました 花びらが 紫 白 黄色 そして まだら模様など本当にさまざまな花たちです

訪ねた日は土曜日 やきそばなどの軽食も販売されていました そして 花菖蒲やアジサイの苗も販売されています この花菖蒲園がなければ絶対に訪ねることのない地域でしょう その土地や地域で季節ごとの行事があれば素敵ですね 花菖蒲の縁で稲積は梅雨の季節に多くの皆様に再会できます 管理者の皆様 本当にありがとうございます 来年も伺います

その他の写真は 私の別サイト 稲積花花菖蒲園 でご覧ください

愛媛県東温市 唐岬の滝

20130601_39_2 国道33号線を旧面河村に至る道路の途中に唐岬の滝があます

この唐岬の滝は 難所です 途中の白猪の滝の駐車場までは広い道ですが 白猪の滝を過ぎると狭い道になります 国道494号線ですが ほぼ 林道 走行される際は十分に注意してください 途中に対向車の存在を教える表示板が数箇所にあります

唐岬の滝のは駐車場から500m歩いたところにあります

夏目漱石は明治28年11月に観瀑しています 漱石は、子規への手紙に蓑笠にて白猪唐岬に瀑一覧致候と書き送っています 漱石は瀑五段 一段ごとの もみぢかな と詠んでいます

瀬戸内国際芸術祭 2013 沙弥島

20130421_130 写真は 旧沙弥島小・中学校の校舎の廊下に飾られたアートです

沙弥島は 海が埋め立てられる前は 沖に4キロの独立した島でした いまは 瀬戸大橋のたもとから陸続きになっています この歴史ある沙弥島に 神戸芸術工科大学によるアートが展示されています それは 美しい砂浜を背景に 神戸芸術大学が多彩な展開を見せる 塩田跡や海岸に設置された作品が 自然とともに新たな風景をつくっています

沙弥島は 縄文時代の遺跡が残り 柿本人麻呂の歌にも登場する島です 瀬戸大橋記念公園から一歩 島に入ると 島独特の雰囲気になるところです 今の入口には漁港があり 一気に島の雰囲気に引き込まれます

写真のアートは 島に漂着した発砲スチロールの展示物です 窓辺に張られたオレンジのフィルムが作る淡い光が独特の雰囲気を作っています 展示されている場所は旧沙弥小・中学校の廊下です 生徒が学んだ廊下は アートの世界になっています

その他の沙弥島のアートは 沙弥島 でご覧ください 

大洲城

Imgp2349 愛媛県大洲市の大洲城に行ってきました

大洲城(おおずじょう)は伊予国喜多郡大洲(現愛媛県大洲市大洲)にあります
大洲は 伊予を南北につなぐ大洲街道・宇和島街道が交差し また 東には四国山脈を抜けて土佐国(高知)に抜ける街道があります

創建は 鎌倉時代末期に守護として国入りした伊予宇都宮氏の宇都宮豊房で 1331年(元徳3年)のことであるといわれています 大洲城は 創建した当初は 肱川と久米川の合流点にあたる地蔵ヶ岳に築城したことから地蔵ヶ岳城と呼ばれていました 江戸時代初期 藤堂高虎らによって大規模に修築が行なわれ 近世城郭としての体裁を整えらています

現在の大洲城は 江戸時代から残る台所櫓・南隅櫓など4棟の櫓が国の重要文化財に指定されているほか 2004年(平成16年) 市民などの寄付によって往時を出来る限り忠実に再現した4重4階の天守が復元されています

その他の詳しい情報は 大洲城 でご覧ください  

旧新橋停車場

Imgp1158 新橋~横浜間に日本の最初の鉄道が敷設された時に建てられた「旧新橋停車場」を復元したもので, 国の史跡に指定されています。

写真はゼロ標識 新橋-横浜間の起点です。

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30